液状化に関するアンケート(設計者・施工者)


貴社の所属する協会を選択してください。
東京都建築士会
東京都建築士事務所協会
日本建築家協会(JIA)
日本建築構造技術者協会(JSCA)
東京構造設計事務所協会(ASDO)
所属なし
その他:
貴社名をご記入ください。(記入なしでも構いません。)
貴社の従業員数を選択してください。
3人以下
4人から10人
11人から50人
51人以上
回答なし
貴社の住所はどちらでしょうか?
東京都(23区内)
東京都(多摩地域)
東京都(島しょ)
首都圏
その他
回答なし
主な設計分野を選択してください。
意匠設計
構造設計
設備設計
その他: 
回答なし
主な設計の対象を選択してください。
一戸建て
集合住宅(アパート)
集合住宅(マンション)
その他: 
回答なし

住宅を設計する際に,必ず液状化の可能性を調べますか?
調べる
場所に応じて調べる
依頼主からの依頼があれば調べる
調べない
回答なし
依頼主に液状化に関する説明を実施していますか?
建築主にしている
元請け設計・施工者にしている
していない
回答なし
依頼主から液状化の危険度について聞かれたことはありますか?
聞かれたことがある
聞かれたことがない
回答なし

液状化検討を実施したことはありますか?
 

机上調査のみ実施したことがある
詳細な調査まで実施したことがある
実施したことがない
回答なし
 

机上調査:液状化危険度マップ,液状化履歴図,地形分類,土地の履歴などの既往資料から液状化の可能性を検証します。

詳細な調査:現地でボーリングやスウェーデン式サウンディング試験などの地盤調査を実施し,FL法,Dcy法,PL法などにより液状化の可能性を判断します。

住宅性能評価書「液状化に関する参考情報」を提供をしていますか?
よく提供する
たまに提供する
あまり提供しない
全く提供しない
回答なし
住宅を設計する際に,液状化対策の重要度はどの程度と思いますか?
最優先にすべき事項だ
建築資金に余裕があれば行う
必要ない
回答なし
液状化の可能性がある場合,依頼主に事前対策を勧めますか?
強く勧める
勧める
勧めない
依頼主の判断に任せる
回答なし
これまでに実施した事前の液状化対策には,どのような工法がありますか?
直接基礎
小口径杭工法
深層混合処理工法
浅層混合処理工法
注入工法
格子状地盤改良工法
壁状締切工法
実施したことがない
その他:
これまでに実施した被害後の液状化修復工法には,どのような工法がありますか?
ポイントジャッキ工法
注入工法、耐圧版工法
アンダーピニング工法
実施したことがない
その他:

東京都が公開している「建物における液状化対策ポータルサイト」をご存知ですか?
知っている
知らない
回答なし
「建物における液状化対策ポータルサイト」について、要望(追加情報等)はありますか?

「液状化による建物被害に備えるための手引き」をご存知ですか?
知っている
知らない
回答なし
「液状化による建物被害に備えるための手引き」について、要望(追加情報等)はありますか?

「建物を液状化から守ろう。(リーフレット)」をご存知ですか?
知っている
知らない
回答なし
「液状化対策リーフレット」について、要望(追加情報等)はありますか?

「液状化対策アドバイザー制度」をご存知ですか?
知っている
知らない
回答なし

液状化に関してどのような情報がほしいですか?
液状化の可能性を調べるための資料
事前の液状化対策工法の情報
被害を受けた後の修復工法の情報
その他:
液状化の可能性を調べるための資料では,どのような情報がほしいですか?重要と感じる項目を2つまでチェックをしてください。
液状化マップ
液状化履歴
地形分類
土地の利用履歴
地盤調査の記録
地下水位の記録
その他:
事前の液状化対策工法では,どのような情報がほしいですか?
対策のねらい
メリット
デメリット
騒音・振動
対策深度の考え方
施工性
工期
工事費
その他:
被害を受けた後の修復工法では,どのような情報がほしいですか?
対策のねらい
メリット
デメリット
騒音・振動
対策深度の考え方
施工性
工期
工事費
その他:

依頼主に液状化に関する説明をする場合、どのような資料を使用しますか?

このアンケートに対するご意見,ご要望はございますか?